不動産投資の「建物損壊リスク」

不動産投資におけるリスクをしっかり把握するのは必須です。
今回は「建物損壊(老朽・災害)リスク」についてご紹介します。
建物損壊リスクとは災害などによって建物が損壊してしまうリスクのことです。日本という島国はその災害が特に多く発生する場所でもあります。
とくに「地震」に対してのリスクに関しては、購入前であれば強い関心を持っておくとよいでしょう。

地震が起こることをリスクとして考えない人も多く存在し、まったくその準備をしていない人をよく見かけます。最悪の場合、そのような方が受けてしまう被害は以下の通りです。
「建物が全壊してローンだけが残ってしまう」
命だけでも残れば幸いですが、その後の生活が真っ暗になってしまう人も多くいるでしょう。
火災に関しては「火災保険」が対象となるので、ローンだけが残ってしまうケースは少ないでしょうが、稀に火災保険に加入していない人がいるようです。決して強制加入ではないので自由ですが、高額な保険ではないので加入は必須です。
失敗しない不動産投資の実例