「やり過ぎ」には注意・・・。

人の身体は生ものなので「やり過ぎ」に注意です。「運動のやり過ぎ」、「食べ過ぎ」、「寝過ぎ」などまだまだいっぱいありそうですが、この3つを例に説明します。
まずは、「運動のやり過ぎ」です。これは誰もが経験したことがあると思われます。

いわゆる、「オーバーワーク」です。「オーバーワーク」になると集中力が落ちてきて、怪我に繋がる可能性があります。このようにならない為にも、準備運動(ウォーミングアップ)や整理運動(クーリングダウン)などが大切になってきます。この2つを忘れていると怪我が起きやすい状態になります。
次に「食べ過ぎ」についてです。この事についての身体への影響は、内蔵関係にきて身体に影響が出ます。内蔵に影響が起きると人の身体は筋肉に力が入りづらくなります。お酒の飲み過ぎも同じような事が言えます。
最後に「寝過ぎ」についてです。「寝過ぎ」は、「寝る子は育つ」と言う言葉があるようにいい事だと思っている方が多いとは思いますが、「寝過ぎ」たらダメという事です。「寝過ぎ」たらどのようにダメなのか、経験がある方もいるとは思いますが、「寝過ぎ」ると起きた時に身体がだるくて重い時がだいたい「寝過ぎ」の原因です。
なので、何事も「やり過ぎ」には注意です。

無料の転職エージェント